ヒルドイドに関する情報を大公開!

ヒルドイドヒルドイドの優れた効き目
・皮膚細胞に水分補給する
・傷の修復
・持続性のある高い保湿力
・血行促進作用
・血液凝固を防ぐ
・鬱血を改善する
・傷の治りを早める

以上の優れた効き目が確認されたことから血行障害及び血栓性静脈炎、凍瘡、ケロイド、捻挫後に出る痛み、痔核、肥厚性瘢痕、進行性指掌角皮症、筋肉痛、腱鞘炎、血腫、皮脂欠乏症などの改善に用いられます。上記のような症状だけではなく、もっと身近なものにもヒルドイドは効果を示します。例えば「しみ」です。女性の悩みの上位に食い込んでいるしみにヒルドイドは顕著な効果をあらわすのです。

ヒルドイドの正しい使用方法
顔に対しての塗る目安ですが、ローションの方は伸びが素晴らしいので意外と量は利用されていません。私の場合だと500円玉大使うと顔がかなりギトギトします。とりあえず10円玉大を目安に肌の状態によって増減させてください。ソフトの場合の量はあずき粒大を目安にそこから量を増減させてください。ワンフィンガー分(人差し指の先から第1関節くらいまで)出してしまうとベトベトしすぎる感じです。

ヒルドイドの塗る量に関しては人々が違いますので、あくまで目安と捉えてください。ローションを500円玉大使ってギトギトしなくても、肌の場合が相違なので気にする事はありません。テクスチャが違いますので、塗る部位によって処方が分けられることがあります。大まかには身体にはクリームが処方されやすく、顔にはローションが処方されやすい傾向にあります。あくまで傾向ですので、必ずしもこの通りに処方されるわけではありません。

ヒルドイドの副作用を検討
ヒルドイドは塗り薬であり、全身に投与するものではないのでその副作用は多くはありません。ヒルドイドの副作用発生率は、
• ヒルドイドクリームで0.93%
• ヒルドイドソフト軟膏で0%(119例中0例)
• ヒルドイドローションで0%(121例中0例)

と報告されており、極めて副作用の少ないお薬となります。生じる副作用としては、
• 皮膚炎
• そう痒(かゆみ)
• 発赤、潮紅
• 発疹

などの局所の副作用です。いずれも重篤となることは少なく、多くはヒルドイドの使用を中止すれば自然と改善していきます。ヒルドイドには1つだけ注意点があります。ほとんどの方には関係のないことなのですが、ヒルドイドには血栓を溶かして血流を良くする作用があります。これは逆に言うと出血しやすくなる作用だとも言えます。そのため出血しやすくなると重篤な状態になる可能性のある方(先天性の出血性疾患を持っていたりする方など)は、ヒルドイドを使用する事ができません。

★ED勃起障害治療薬の特徴
レビトラ

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス