顔ニキビの日常生活で防止できる?

体の部位の中で、最もニキビができやすいのは顔です。その理由は、顔は体の中で最も皮脂分泌が多く、常時外気にさらされているためです。顔は特に目立つ部分であるため、ニキビなどのできものができたときは気になって患部をいじってしまったり、過剰なケアをすることで、自ら悪化させてしまうことも多いです。

また、顔はデリケートな部分でもあるので、必要以上に刺激したり、ニキビをつぶしてしまうとクレーターなどの跡として残ってしまいやすい場所でもあります。

そんなデリケートな顔のニキビをケアする上で気をつけるべきポイントは、日頃の洗顔と保湿です。ここで正しいスキンケアの方法について見直してみましょう。

顔にニキビができる原因は、肌への直接的な刺激以外にも、日頃の食事や睡眠などの生活習慣、ホルモンバランスの変化などといった内的要因も挙げられます。

♦食事

私たちの体は、普段口にする食べ物によってその状態は大きく左右されます。特に糖分と油分を多く含む食べ物を食べすぎると、それだけ皮脂の分泌も盛んになり、ニキビもできやすくなります。心あたりのある方は、お菓子や脂っこい食べ物を控えて、皮膚の生まれ変わりを助けるビタミン類を多く含む食品を摂るように心がけましょう。

♦睡眠

肌のターンオーバーは睡眠中にもっとも盛んになり、肌のダメージを回復させます。逆に睡眠不足は肌のケア力の低下に直結し、ニキビも治りにくくなるのです。人それぞれ適切な睡眠時間は異なりますが、規則正しく6~8時間はとるのがベストです。

♦ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの乱れによってできるニキビの場所は、口周りやフェイスラインに多いといわれています。ホルモンバランスが乱れる原因の中には、生理など自分でコントロールできないものもありますが、その他に偏った食生活や睡眠不足なども挙げられます。そういった日々の習慣を改善させるだけでも、ホルモンバランスの乱れを防止することにつながります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です